都市防災研究会
 

平成13年度事業報告(研究活動、書籍の出版等)

研究活動
 
横浜市社協助成金付研究事業
研究テーマ 「横浜市の地区社会福祉協議会と要援護者の防災」
      ー横浜市社会福祉協議会と各区社会福祉協議会の防災を巡る諸問題ー
内容    災害発生前から、災害発生時、災害発生以後における地区社会福祉協議会の要援護者への対応に関する横浜市の各区の現況と今後の課題
 研究員   大間知 倫、川崎 昭如、高嶋 三郎
 調査日程  平成12年10月 助成金決定の通知
         平成12年11月 調査開始
         平成13年 3月 調査終了
         平成13年 4月 まとめ
         平成13年 5月 報告書完成
報告書目次
1.調査研究の目的
2.社会福祉協議会と要援護者の防災の現況
 a.各区社会福祉協議会特記事項
 b.地区社会福祉協議会の活動事例
3.横浜市要援護者の現況
 a.横浜市要援護者の諸指標より
 b.防災福祉委員について
 c.高齢者の防災意識アンケート結果から
 d.要援護者をサポートする環境
4.横浜市18区地区社会福祉協議会の防災と福祉の課題
 a.地区社会福祉協議会の要援護者支援の問題点
 b.横浜市社会福祉協議会の運営する福祉施設における防災対策
 c.横浜市社会福祉協議会の障害者の防災対策に関する取組
 d.鎌倉市社会福祉協議会の防災について
5.おわりに まちづくりを通じて「防災コミュニティー」の創造を
 報告書ご希望の方は事務局までご請求下さい。
 
第一回研究発表会
 研究発表者    所属             発表テーマ
 池田 晴哉     パークタウン茅ヶ崎    水害に関する研究
 石塚 智子     平塚女性防災パワーズ  救急法の相違点
 落合 弘明     リフォームショップ和光  建物の安全対策
 川崎 昭如     横浜国大大学院      自治体の災害関連情報の公開に関する研究
 小早川 奈保子  横浜国大大学院      GISを活用した避難所とその区画に関する考察
 斎藤 晃顕     住宅研修財団        サバイバルウォーク全7回の記録(1回歩行距離70km)
 白川 博之     新井組            避難シェルターについて
 中川 泰介    東京金属加工        方丈記の記述について
 松尾 知純     一ツ橋大学         応急手当普及と地域防災
 三浦 一郎     鎌倉女子大学        災害時の司法
 森本 晴夫     茅ヶ崎の防災を考える会 文学に見る歴史地震と防災
 横溝 由佳    平塚保健福祉事務所    在宅療養者・介護者の防災意識調査
 杉原 英和    神奈川県防災局       神奈川県堆積平野地下構造の研究
 田村 直樹    都市環境標識協会      防災関連標識の研究
 
日時 平成13年8月26日(日) 9時30分ー15時
場所 エルシャンテ追浜
 
防災書の出版

書名「第3回神奈川サバイバルウォーク記録集」

 希望者は代金1千円(郵送料込み)を添えて事務局宛ご請求下さい。

書名「神奈川県内自主防災リーダーによる座談会」どうする!!地域防災要援護者対策

書名「横浜市の地区社会福祉協議会と要援護者の防災」?横浜市社会福祉協議会と各区社会福祉協議会の防災を巡る諸問題― 調査研究報告書

書名「地震災害を軽減する」?21世紀安心安全まちづくりー
 平成13年9月1日発行 頒布価格 800円(会員価格600円)

ニューズレターの発行

発行 22号…4月1日
   23号…7月1日
   24号…10月1日
   25号…H14年1月1日

防災番組の制作

平成13年8月26日(日)テレビ神奈川で11時から30分間放映
 地域防災 大間知 倫
 耐震診断 高嶋 三郎